読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽翻訳:フォーシーズンス・オブ・ロンリネス

スローなんだけど口が回らない自分的に洋楽課題曲

綺麗なコーラスが沁みる。好きな曲だ。

訳してみようと思う。

好きな曲なのに結構女々しい歌詞だった^^

4 Seasons Of Loneliness −by Boyz II Men

孤独の四季

I long for the warmth of days gone by

When you were mine

But now those days are memories in time

Lifes empty without you by my side

My heart belongs to you

No matter what I try

過ぎ去った日の温かさをずっと懐かしがっていた。

君が僕の物だったころのこと

でも、いまではあの日々は時間に置き去られた記憶になっている。

君が横にいない生活は空しくて

なにを試してみようとも僕の心はまだ君のものなんだ。

When I get courage up to love somebody new

It always falls apart cause they just

Cant compare to you

You love wont release me

Im bound under ball and chain

Reminiscing our love as I watch four seasons change

誰か新しい人を好きになる勇気が持てたとしても

いつも君とは比べることもできなくてだめになってしまう。

君が好きになってくれたことが僕を話してくれない

鎖と鉄球が足につながれてるみたいに

季節が移り変わるのを見るたびに君といたことを思い出す

[Chorus: ]

In comes the winter breeze

That chills the air and drifts the snow

And I imagine kissing you under the mistletoe

When springtime makes its way here

Lilac blooms reminds me of the scent of your perfume

When summer burns with heat

I always get the hots for you

Go skinny dippin in the ocean where we used to do

When autumn sheds the leaves the trees are bare

When youre not here it doesnt feel the same

冬の吹雪がきて、空気を凍らせて雪を運んでくる

ヤドリギの下で君にキスするのを想像する

春の時がここに到来すれば

ライラックの花が僕に君の着けてた香水の匂いを思い出させる

灼熱の夏のとき、いつも君に夢中だったように

水着になってよく行った海に飛び込んでる

秋が木の葉を落とし、気が裸になるとき

君が横にいなくてもこんなにさみしく思うだろうかと思う

Remember the nights when we closed our eyes

And vowed that you and I would be in love for all time

Anytime I think about these things is shared with you

I break down and cry cause I get so emotional

Until you release me Im bound under ball and chain

Reminiscing our love as I watch four seasons change

僕らが目をとじてずっと愛しあって行こうと誓った夜を思い出す

いつもこんなことを確かに二人で一緒に思ってたはずと考える。

僕は壊れてしまって泣きだして感情的になる

君が鎖と鉄球から離してくれるまで

季節が移り変わるのを見るたびに君といたことを思い出す

This loneliness

Has crushed my heart

Please let me love again

Cause I need your love to comfort me and ease my pain

Or four seasons will bring the loneliness again

この孤独は僕の心を砕く

もう一度もとにもどれないか

安寧と痛みを和らげるのに君が必要で

さもなければこの孤独の四季を僕は繰り返す