読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイボーグ009 超銀河伝説

Amazonプライムでいろいろ観賞。今回は昔、ろくでもないと思ったものを再見してみる。

サイボーグ009超銀河伝説は、1980年頃の映画。ヤマト、999などのブーム時のあとの作品だ。

いかにも分かりやすい、自他共に認める宇宙の絶対悪がやってくる。009たちは再集結して、救いを求めてきた宇宙人と、その宇宙船で旅立つ。

途中で美しい女王タマラと009がややいい関係になるが、フランソワーズはただ見ているだけ。戦闘中にジェットが死ぬが、最後であまり意味なくよみがえる。

対象年齢が小学校低学年向けだな。謎をすべて解説してしまうのも興ざめ。こちらも敵もそれなりに言い分があるという、ガンダムは当時すでにはあつたはずだが。

で、009たちが、ほとんどサイボーグとして活躍しない。これがいちばん不満。

昔、ロードシヨウでみたとおりの感想であつた。

見ただけ、金どころか時間まて損した。