読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマル入団

デップー「スパイディが香川の肉体を拾いに行ってバットマンがバックアップをとるか。時間稼ぎには最高の展開だが……ん?お前ら何こっちを見てんの」パンダ「いや、俺たちをどうするかで争っていたんじゃないのか」デップー「ん?ああ!そういえばんなこと言っていたっけ。すっかり忘れていたよ」白熊「ちょっと無視されてかにゃひか……悲しかったぞ俺ら」ヴァンプ「いやはやすみませんね。別にわたしは君たちを忘れていた訳ではないのですけど敵が逃げた場合はどうなのかよくわからなかったので」パンダ「ホワイトスネイクは俺たちを置いて逃げ出した。ならあんたらが勝ったものと俺たちは思っているぞ」白熊「約束は約束だからな。俺らはふろたいむ……フロシャイムの傘下に従うよ」ヴァンプ「それは良かった!わたくし達もきみたちの入団を歓迎いたしますよ!!」ヴァンプ「ゼットンくん!彼らを部屋に連れていってくださいね。君の新しいお友達ですよ、仲良くしてあげてくださいね」ゼットンゼットントン!!」白熊「よう。よろしくな宇宙恐竜」パンダ「フロシャイムではお前の後輩となるのか。いずれにしてもよろしく頼む」パンダと白熊がフロシャイム\xA4

貌魲弔靴拭\xA3