読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い系や婚活サイトで知り合った男性らと肉体関係を持ち、1億を優に超えるカネを貢がせた木嶋被告。関係した6人の男性が死亡し、そのうちの3人は練炭による不審死>死刑判決が確定<

「そもそも、女は外見でモテるわけではない」小谷野敦が「木嶋佳苗」を分析

dot

23 時間前

長島昭久議員 保守系勉強会を発足

 2009年に首都圏で起きた男性3人の連続不審死事件で、殺人などの罪に問われた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)の死刑判決が確定することとなった。「平成の毒婦」と呼ばれた木嶋被告。彼女は一体何者だったのか。

 4月14日午後3時半。最高裁第2小法廷で上告棄却の判決が出された。その20分後。東京拘置所の面会室に、春の装いに身を包んだ木嶋被告が姿を現した。

「どうも」

 桜色のシャツに白いパンツ。わずかに微笑んで見せると、ボブカットの頭をつぅっとさげた。

 面会の相手は、2012年の一審の公判から足かけ6年にわたり、手紙と面会で交流を続ける朝日新聞藤田絢子記者だ。

 判決の内容を聞いても木嶋被告の表情は変わらない。いつものとおり、落ち着いた口調で答えた。

「一審後から覚悟していたことですから。驚きはありません」

 そして、こうも答えた。

「死刑は怖くない」

 1年ほど前から死刑確定後の生活を見据え、備えてきたからだという。死刑確定後は、面会や手紙の相手が限られるため、養子縁組によって親族を増やした。

 20年来の付き合いがある女性に養母になってもらい、養父は前夫だ。支援者だったこの男性と、15年3月に拘置所で結婚した。だが、昨年、彼が事故で入院して木嶋被告の支援ができなくなったために離婚し、木嶋被告は別の男性と再婚。養父母の子や孫を含めると、親族は10人以上だ。

 木嶋被告は、判決の前日発売の週刊誌に手記を寄せ、「再審請求はしない」「刑の早期執行を求める」とつづっていた。その理由は、「私の死を誰よりも強く望んでいる母を思うと、今生の別れを引き延ばすべきではない」。

 だが判決が出たこの日、早期執行を求めることには、親族らが反対していると藤田記者に明かした。

「生きることを望む人ができたことはありがたいと思う」(木嶋被告)

 あらためて裁判をふり返ってみよう。

 12年1月にさいたま地裁でスタートした一審。

 父親は弁護士で母親はピアノ講師、自身は大学院生などという設定で、出会い系や婚活サイトで知り合った男性らと肉体関係を持ち、1億を優に超えるカネを貢がせた木嶋被告。関係した6人の男性が死亡し、そのうちの3人は練炭による不審死だった。木嶋被告は、彼らから「頂いた」お金で、高層マンションの最上階で暮らし、ワインレッドのベンツを運転。高級住宅地にある料理学校「ル・コルドン・ブルー」に通っていた。

 派手な生活ぶりやセックス観、男性観が赤裸々に明かされる「100日裁判」は、木嶋被告の服装から表情まで連日メディアに報道され、傍聴券を求める人びとで溢れかえった。

 精神科医香山リカさんも3回の傍聴をふり返る。

「傍聴前は、木嶋被告を精神医学的な病理を抱えた人だと思っていたけれど、その印象が私の中で崩れていったのが印象的でした」

 感情的に問い詰める男性検事に対し、木嶋被告は、よく通る声でよどみなく理路整然と返す。

「私でも会話の間に、『あー』とか『えー』と言葉をつなげてしまいますが、彼女の場合はまったくそれがない。法廷ファッションショーと言われたように、午前と午後で服装を替えた。折り目のついたハンカチを手に持つ姿に象徴されるように、清潔で神経が行き届いた服装。彼女の手紙を見て誰もが驚くのは、達筆な文字。きちんと信用にたる女性だという完璧なイメージで武装して生きてきたのでしょう」(香山さん)

 作家の岩井志麻子さんは、著書『「魔性の女」に美女はいない』で、かならずしも美女ではないが男を狂わせる女のひとりとして木嶋被告を挙げた。

「1億を優に超える金額を数多くの男性から『頂いた』と答えていますが、成功より失敗例のほうがはるかに多かったはず」

 その中で彼女は、成功例だけを抜き出して、「セレブ」としての自分を演じてきた。岩井さんはそんな木嶋被告を「虚構の中に生きる女」だと分析する。

 それは拘置所の中でも、同じかもしれない。ブログ「木嶋佳苗拘置所日記」で公開する内容や、週刊誌への手記では、東京拘置所を「小菅ヒルズ」「ヒルズ」と呼ぶ。ヒルズの日常には、長身イケメンの「王子」や富裕層らしきセレブな夫婦や拘置所内で結婚した夫が登場。彼らは、熱心に手紙や面会で木嶋被告を励まし、シルクの靴下やブランド品などを差し入れする支援者として紹介されている。

 フェンディのカーディガン、クリスチャン・ディオールの下着、エルメスの手袋。華やかなブランド名が日記の中で飛び交う。

「一般的に勾留されている被告の生活、つまり現実とは違う空間で呼吸をして、生きている印象です」(岩井さん)

 なぜ良きにつけあしきにつけ、木嶋被告の周りに人が絶えず、金銭的な支援も途絶えないのか。作家で比較文学者の小谷野敦さんは、こう解説する。

朝日新聞藤田絢子記者に届けられた手紙の達筆な文字 (c)朝日新聞社 dot. 朝日新聞藤田絢子記者に届けられた手紙の達筆な文字 (c)朝日新聞社

「木嶋被告が15年に出した自伝的小説、『礼讃』を読みました。彼女の文章からは、通俗的な教養がにじむ。あくまで事件とは切り離した評価ですが、あれほどの分量を書ける人はなかなかいないのは確かです」

 木嶋被告の周りには、男性の影が絶えない。

「そもそも、女は外見でモテるわけではない。性的な営みに長(た)けている、言葉に長けている、教養もある」(小谷野さん)

 それで十分なのだという。

「平成の毒婦」「婚活詐欺女」「練炭女」……。木嶋佳苗とは何者だったのか。

 木嶋被告が事件を起こした00年代後半は、男性を手玉に取って自分のステータスを上げる生き方はやや古く、女性が自分で人生を切り拓く時代。木嶋被告は、男女平等を目指す社会で、あえて女であることを強調した時代錯誤的な生き方をした、と香山さんは見る。

「ただ、仕事を持ってがんばってきても、男性社会でくじけた女性も多かった。犯罪は許されることではないことが前提ですが、女を最大限に利用したほうが『正解では?』という逆説的なメッセージを送った存在。それが、木嶋佳苗だったのかもしれません」

 木嶋被告から「なぜ私を取材しないの」とブログで関心を寄せられたジャーナリストの青木理さんは距離を置く。

「僕自身、木嶋被告にあまり関心がありません。ただ、冤罪を訴えながら『早期執行を望む』などと死刑制度のありようにも影響しかねない文章を公にするのは、最後まで軽率な人物という印象です」

 判決が出た当日も木嶋被告は、「捜査機関や報道機関の情報で遺族は私に殺されたと思っている」「遺族の方だけにはきちんと説明したい」と、自身の「正義」を主張している。この木嶋被告の一連のメッセージを遺族は複雑な思いで見つめているに違いない。

週刊朝日  2017年4月28日号

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上転載ーー

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e3%81%9d%e3%82%82%e3%81%9d%e3%82%82%e3%80%81%e5%a5%b3%e3%81%af%e5%a4%96%e8%a6%8b%e3%81%a7%e3%83%a2%e3%83%86%e3%82%8b%e3%82%8f%e3%81%91%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d%e5%b0%8f%e8%b0%b7%e9%87%8e%e6%95%a6%e3%81%8c%e3%80%8c%e6%9c%a8%e5%b6%8b%e4%bd%b3%e8%8b%97%e3%80%8d%e3%82%92%e5%88%86%e6%9e%90/ar-BBA3SnD?ocid=SKY2DHP#page=2