読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最優先の秘密とバックグラウンドのネームバリュー

子供時代に大人の業に囲まれてしまい信じる心もねじ曲がりそうになりながらも大人になって優しくされて心がいっぱいになる人と子供の頃は大事にされてきて一旦大人の世界でも業にのみこまれそうになって学ぶことはなくなって人格が変わってしまうような両極端かもしれない

子供の頃は中身で選ぶことはむつかしいから見た目で判断する時期に

大人になって注意深く観察することもなく深い事情が隠され続けても

イメージが強く反応するように主流になってしまったのかもしれない

国のかなめになることでも知られていることが言葉による判断で一生トラウマになっていく「言葉を大切に」は信頼は築いていくしかないものだとハイテクから学ぶジレンマなのかもしれない

「膨大な情報に惑わされず、自分が何をしたいか、どう生きたいかを考えてほしい」と呼び掛けた。

何でも本人の確認も取らないでする行為にネットでの売るのにも反響を考えなかった人があとでわかるようになって「知らなかった」ですまされない事情のさまざまは意味が深いだけではなく

家庭崩壊までになってこれからも必要なことが変わることはないのかもしれない

Your internet privacy and personal information is up for sale.

あなたのインターネット・プライバシーと個人情報は、売りに出されています。

選びながら進んでいく目的に気力の限界に挑戦しているようなものかしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

千葉の女児殺害、近所の男を逮捕 遺棄容疑、DNA酷似

熊本地震1年>28歳で逝った娘 母の夢枕に 益城町

<熊本城>マクドナルドが再建支援 ポテトの売り上げ寄付

massive loss

From:Nancy Pelosi

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/4/11, Tue 10:37

I’m blown away -- and I need $1 to push us over the finish line.

You funded our field program in Georgia and nationwide.

You helped us turn out early voters.

You’re the reason our chances of winning the special election skyrocketed.

And now, I need your help to keep our ads running in this final week before Election Day.

We have a real shot at handing President Trump his first massive loss -- and sending shockwaves around the country.

It’ll take 5,263 gifts before the One-Week Deadline at midnight.

Can I count on your $1 to defeat Republicans in Georgia and nationwide?

Chip in $1 immediately

Chip in $35 immediately

Chip in $50 immediately

Chip in $100 immediately

Chip in $250 immediately

Or donate another amount

Thank you,

Nancy Pelosi

Kiss Internet Privacy goodbye

From:URGENT (via PelosiforCongress.org)

発信元:bounce.bluestatedigital.com

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/4/11, Tue 06:38

Ezakifirst Name:,

Your internet privacy and personal information is up for sale.

Republicans will do anything to keep President Trump’s tax returns a secret -- but they will do nothing to protect your privacy. They proved that by passing a bill that allows internet providers to sell your information without your consent.

That’s just wrong. Tell Republicans that this breach of our privacy is unacceptable.

Their hypocrisy is on full display. The Trump administration prides itself on closed-door meetings and nameless big money Super PACs, but has no regard for YOUR privacy.

Americans overwhelmingly oppose this. Let’s make sure our voices are heard.

Thank you,

Team Pelosi

Im asking

From:Nancy Pelosi

発信元:bounce.bluestatedigital.com

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/3/31, Fri 17:12

We only have 4 hours left before the biggest deadline we’ve had since President Trump took office.

We’ve had some big victories. Our grassroots power managed to stop the Trump-Ryan health care disaster.

Now we need to stop them from shaping the Supreme Court.

I know these constant assaults on our values can be exhausting, but we can’t give up now.

We need to raise $2,000 in the next three hours. Your gift will be matched. I’m asking you personally, please help out now.

Thanks,

Nancy

please, Ezaki

From:Nancy Pelosi

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/3/31, Fri 15:09

I emailed.

Now Im emailing again.

It’s because the stakes tonight could not be higher.

If we let House Republicans outraise us for a third straight month tonight, our odds to win the House sink.

I need 4 gifts from 90013 before tonight’s deadline to close the gap.

Can I count on your $1?

MIDNIGHT DEADLINE: ALL GIFTS TRIPLE-MATCHED

Triple match your $1

Triple match your $35

Triple match your $50

Triple match your $100

Triple match your $250

Or triple match another amount

Thank you,

Nancy

<特定秘密文書>廃棄手続きが進行中 対象や省庁名は不明

04月17日

 ◇14年末の特定秘密保護法施行後、初

 国の行政機関が指定した特定秘密を記録した文書について、廃棄に向けた手続きが進められていることが内閣府などへの取材で分かった。特定秘密文書の廃棄は2014年末の特定秘密保護法施行後、初とみられる。順次廃棄が進められるとみられるが、秘密文書は通常の文書と違って第三者のチェックに制約がある。専門家からは「本来残すべきものまで廃棄される恐れもある」との指摘がある。

 特定秘密文書は、公文書管理法に基づいて一般の文書と同様に、それぞれの保存期間を過ぎれば内閣府のチェックを受けた後に廃棄することができることになっている。ただし、特定秘密保護法の運用基準で、指定から30年を超えた文書は重要性が高いと判断されて一律に公文書館などに移管されて保存されることが定められている。

廃棄をチェックする内閣府毎日新聞の取材に対し、特定秘密文書を保有する省庁と廃棄に向けた協議を行っていることを認めた。対象文書の内容や省庁名は明らかにしていないが、保存期間2年以下の文書とみられる。

 内閣府は各省庁から文書目録の提供を受け、「行政文書管理ガイドライン」に沿って廃棄が妥当か点検する。しかし、特定秘密文書の目録は秘密の内容が想起されないようにタイトルを付けることになっており、内閣府は文書の重要度を判断しにくい。省庁側に特定秘密文書の閲覧を求めてチェックすることも制度上は可能だが、文書を作った省庁は「わが国の安全保障に著しい支障を及ぼすおそれ」があるとの理由で閲覧を拒否することができる。

 内閣府のチェックとともに、第三者機関の役割を担う政府内の独立公文書管理監の検証・監察を受けることになっているが、方法は明らかになっていない。

 秘密文書の廃棄を巡っては、今月11日の衆院総務委員会で内閣官房の田中勝也審議官が「恣意(しい)的な廃棄はできないと理解している」と答弁した。

 ◇特定秘密を記録した文書

 外交、防衛、テロ・スパイ防止に関する重要情報を政府が特定秘密に指定し、漏えいした人などに罰則を科すと定めた特定秘密保護法が2014年に施行され、16年末までに11行政機関が487件を指定した。5年ごとに秘密指定期間が更新され、通算30年(一部は60年)まで可能。特定秘密を記録した文書は15年末段階で27万2020点ある。文書の保存期間は秘密指定期間と別に定められ、特定秘密に指定されたまま文書が保存期間満了を迎え廃棄対象になる場合もある。

熊本地震>みなし仮設住宅で3人「孤独死

04月17日

 熊本県は17日、熊本地震の被災者用に県などが民間賃貸住宅を借り上げた「みなし仮設住宅」で、1人暮らしをしていた熊本市の40〜80代の男女3人が誰にもみとられずに亡くなっていたと発表した。死因は3人とも病死で、遺体が見つかったのはいずれも死後2、3日だった。

 熊本県内ではみなし仮設で1人暮らしをしていた6市町の男女13人が死亡していたことがわかり、県は孤独死に当たるかどうかなど詳細を自治体を通して調査していた。

 県と熊本市によると、同市東区の40代女性は昨年7月24日に死亡。亡くなる前日まで電話などで安否確認をしていた知人が連絡がとれないのを心配し、同26日に女性宅を訪問して見つけた。

 昨年12月23日に死亡した同市東区の70代男性は同26日、市地域支え合いセンターの職員が男性宅を見守り訪問。応答がなく新聞もたまっていたため、警察に通報して判明した。昨年9月、同市西区の80代女性もみとられずに亡くなっていた。

 県によると13人の他に、みなし仮設で1人暮らしをしていた同市東区の70代女性が4月12日に死亡していたことがわかり、市は詳細な経緯を調べている。

 蒲島郁夫知事は「支え合いセンターの活動やNPO、ボランティア、新聞、ガスなど民間との連携や情報通信技術を活用した見守り体制を構築したい」とのコメントを出した。

北朝鮮のソン大使「拉致に誰も関心ない」

4月17日

北朝鮮ソン・イルホ日朝国交正常化担当大使は、ピョンヤンで記者会見し、北朝鮮拉致被害者を含む日本人行方不明者の全面的な調査を行うことを約束した3年前の合意について、日本側が破棄したとしたうえで、「拉致については誰も関心がない」と主張しました。一方で日本側から要望があれば、残留日本人などの問題には今後も取り組む用意があるという姿勢を示しました。

北朝鮮ソン・イルホ日朝国交正常化担当大使は、17日(日本時間の午後6時ごろから)、ピョンヤンで取材している日本のメディアを対象に記者会見を開きました。

この中でソン大使は、3年前、スウェーデンストックホルムで行われた日朝協議で、北朝鮮拉致被害者を含む日本人行方不明者の全面的な調査を行うことを約束した合意について「日本側が一方的にほごにしたのに、誰が拉致被害者の再調査をするのか。水はすべてこぼれて地面にしみ込み、それは元に戻らない」と述べました。そのうえで「拉致については誰も関心がない」として、日本側が合意を破棄したため拉致被害者の再調査は中止を余儀なくされたと主張しました。一方でソン大使は、終戦前後の混乱の中で今の北朝鮮領内に取り残された残留日本人や、同じ時期に現地で亡くなった日本人の遺骨の問題については「人道的な立場からこれからも取り扱う。日本側から要望があれば対応する」と述べ、今後も取り組む用意があるという姿勢を示しました。北朝鮮は、3年前の日朝の政府間合意に基づいて、拉致被害者、行方不明者、残留日本人・日本人配偶者、それに日本人の遺骨問題の4つの分科会からなる「特別調査委員会」を立ち上げ、調査を開始しました。

しかし、北朝鮮は、調査結果の報告を先延ばししたうえ、去年、1月の核実験に続いて2月に事実上の長距離弾道ミサイルの発射を強行したのを受けて日本政府が独自の制裁措置を決定すると、「調査を中止し、『特別調査委員会』を解体する」と一方的に発表していました。

拉致問題相「拉致問題は最優先課題」

加藤拉致問題担当大臣はNHKの取材に対し、「発言の詳細は承知していないが、ストックホルム合意をこちらから破棄するつもりはないという日本政府の姿勢には変わりはない。拉致問題は安倍政権の最重要課題であり、解決に向けて最優先で取り組むことも変わりはない」と述べました。

政府関係者「合意を破棄した事実はない」

政府関係者はNHKの取材に対し、「大使の発言は承知していない。ただ、日本人行方不明者の全面的な調査を行うと約束した合意を、日本が破棄したという事実はなく、引き続き誠実に合意の履行を求めていく姿勢は変わらない」と述べました。

外務省幹部「受け入れがたい」

外務省幹部はNHKの取材に対し、「受け入れがたいコメントだ。日本が、日朝の合意をほごにしたという事実は無く、拉致被害者などの調査は行われるべきだ。なぜ北朝鮮側がこのようなことを言うのか理解できない」と話しています。

拉致被害者家族「幕引き許されない」

拉致被害者の家族会代表で、田口八重子さんの兄の飯塚繁雄さんは「北朝鮮拉致被害者を管理下に置いているのは明らかで、再調査の必要はなくすぐに帰国させるべきだ。拉致問題の幕引きを図ろうとすることは絶対に許されない」と話しました。そのうえで「私たちは日本政府に対して拉致被害者の帰国に最優先で取り組むよう求め続けており、政府は一刻も早い帰国の実現に向け全力で取り組んでもらいたい」と求めました。

リンさん父「直接理由聞きたい」=16日に日本へ

04月15日

レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の父レェ・アイン・ハオさんは15日、時事通信の取材に「できるなら(容疑者に)直接会って問いただしたい。聞きたいことはたくさんある」と語った。ハオさんは16日に日本へ戻る予定。ハオさんら家族は、渋谷恭正容疑者(46)が逮捕された14日、ベトナム北部フンイエン省にあるリンさんの墓を訪れ、逮捕について報告した。 

保護者と交流少なく、同級生も疎遠…渋谷容疑者

4/17(月)

 千葉県松戸市の市立六実(むつみ)第二小学校に通うベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害された事件で、死体遺棄容疑で逮捕された自称不動産賃貸業、渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)は、保護者会の会長として知られる存在だったものの、他の保護者との交流は少なかった。

 生まれ育った地元で暮らしながら、小中学校時代の同級生とも疎遠だったといい、孤独だった姿が浮かび上がる。  渋谷容疑者は、東武野田線六実駅前に4階建てマンションを所有し、最上階で女性と子供2人の4人で暮らしていた。登記簿によると、マンションは2001年に相続。住民によるとマンションは各階に3部屋ずつあるといい、渋谷容疑者を知る人は「実家は地主。家賃収入で生活しているようだ」と話す。

授業中に亡くなった中学生の卒業式、学校側が遺族の出席を拒否して波紋 父親「限界に近づいています」と心境吐露

04月17日

change.orgで署名活動中の「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」

 大分県の私立・岩田学園 岩田中学校が、授業中に亡くなった男子生徒の保護者に対して卒業式の出席を拒否。警察沙汰になるなどし、両親が署名サイトで「卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」とするキャンペーンを行っています。

  複数のメディアによると、2016年5月、体育の授業中に柚野凜太郎さん(当時3年生・14歳)が倒れて死亡。両親が今年3月に行われた卒業式の出席を要望したところ、学校側から参加を拒まれ、警察に通報される騒ぎになったとのこと。

 東京新聞の取材に対し、学校側は両親の出席を拒んだ理由を「面会などで感情的になることがあり、式の運営に差し障りがあった」と説明した――とされています。ねとらぼ編集部が取材したところ、大分県私学振興課が今年1月末から同校に対して、学校事故対応に関する指針に「被害児童生徒等の保護者の意向も確認し、卒業式への参列等も検討する」と書かれていることなどを説明行ったとのこと。しかし学校側は「参列はご遠慮を願う。卒業証書は(凛太郎さんの自宅に)郵送する」と回答していました。

 その後、凛太郎さんの両親から私学振興課に対して「卒業式に出席したい」との相談があり、担当者は複数回に渡って学校側に連絡。卒業式当日の朝まで「両親と話し合いの場を持つように求めた」といいますが、最終的に同校の柳井修校長から「理事長や副理事長などと協議したが、学園としての判断は変わらない」との回答があったと明かしました。担当者はこれまでの対応を振り返り、「あくまでも指針には法的な効力がないため、県としてはお願いを続けてきたという状況だった」と話しました。 しかしこの対応に納得のいかない両親は、change.orgで「息子・凛太郎を卒業式に参加させたい」とする署名活動をスタート。その上で卒業式当日に学校を訪れたところ、学校側が警察に通報し、卒業式への出席はかないませんでした。

 現在は署名活動のタイトルを「学校事故で亡くなった息子の卒業式に参加できなかった理由を明らかにしたい」へと変更し、真相究明を求める柚野真也さんに現在の心境をうかがいました。

●父が語る亡き息子の卒業式、出席への思い

――卒業席に出席したいと考えたのは、どのような思いからでしょうか

柚野さん:息子にとって最後の卒業式。出席できるのは当然だと思っていました。いまだに学校の対応に納得できません。

――学校側に卒業式出席の要望を打診されたのはいつごろですか

柚野さん:卒業式の2日前です。あり得ない対応です。

――要望に対して、学園側からの回答は

柚野さん:「卒業式の参列はご遠慮願いたい。本校の保護者ではないので」とのことでした。

――大分県私学振興課などからの指導があったとのことですが、具体的な内容については把握されていますでしょうか

柚野さん:「両親と話し合いの場を設けて、卒業式の参列を協議してください」と卒業式の1カ月前から指導していました。

――卒業式には警察が来たとのことですが、誰が通報したのでしょうか

柚野さん:学校側です。

――今後、学校側に望むことはありますか

柚野さん:なぜ、卒業式に出席できなかったのか。学校事故対応に関わる指針を守るつもりはないのか。私達に対して何とも思わないのか。誠意はないのか。息子の事故をなかったことにしようとして、どうするのか。言いたいことは山ほどあります。

 また柚野さんによると、卒業式ではクラスメイトからの要望で、凛太郎さんの席が用意されて写真が置かれた他、凛太郎さんの名前が呼ばれると、クラス全員が「ハイ!」と返事をする計らいもあったとのこと。一方学園側は4月17日現在、建造物侵入容疑の被害届を取り下げていないといいます。

 change.orgでは「なぜ保護者が息子の卒業式に出席しようと思って学校に入っただけなのに。どうやら学校は当日の建造物侵入容疑の被害届は取り下げていないようです。理解できません。最愛の息子を失って11カ月。歯を食いしばってきましたが限界に近づいています」と胸の内をつづった柚野さん。今後は両親の気持ちに寄り添った解決が望まれます。

 また本件について学校側に取材を申し込みましたが、第三者委員会の審議の過程の途中であることを理由に「一切取材はお受け出来ません」とのことでした。