読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダブルミーニング(二枚舌)

さっきまで寝落ちしていた。

花粉のせいかなすごく疲れる。

今日は、かねてから話のあった、今日出張の伺いを出したのだが、

1ヶ月という長い出張に上司から、

そんなに長い間必要なのか

課長が一ヶ月も不在という状況をわかっているのか?

と言われる。

全く「知らねえよ」である。

今更、何言ってんだよ。だから、前回はスタッフに行かせたんだろうが。

俺を担ぎ上げたのも俺じゃないし、行かせたスタッフに難色を示すわ、

終わってからも俺が詰られるので、しょうがないから次回は行きますかとしただけである。

上司であるあんたも同じように不満を漏らしたじゃん。

正直、上司がいないくらいで仕事が進まないのなら、どの口が裁量労働制と言ってるのか。

少なくとも自分はそうだと思ってきたのだが、組織がビビった結果がこうだということだなと。

俺が行くことになった経緯はしょうがない。(まず、ここの意味が既にわからない。)

だが、期間が長い。(うるせー。)

かくして、それでも業務延長のための変更可能チケットが、

仕事を終えれば、期間内にでも帰ってくるチケットに様変わりしたのである。

国内では、早く帰るチケット

海外では、期間より延長しても良いチケット。

ヒドイ二枚舌。

正直、頭がクラクラする内容で、現地の信頼や信用の結果の長い出張でやるつもりが国内がビビリ過ぎだと思う。

もう俺が一人いたところでどうなるもんでもないだろ。

むしろ、不在時にどうなってようが俺のあずかり知らぬところである。

ある程度もうそれで納得するならそれでいいんじゃん。

くらいの気持ちになっていた。

まあ、現地1ヶ月いることなんなあ。多分。