読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜が満開です

写真は自宅から50mほどのところを通る「新府中街道」です。

この道路自体が40年ほど前に出来た比較的新しい道路ですので、両側の桜並木も今が盛りの年代なのでしょうね。昨日の写真ですが、満開ですね。

自宅の近くには整備された道路の「桜並木」は比較的多くあります。

最も有名なのは国立駅から南に伸びる「学園通り」。ここは以前から桜の名所として有名です。国立駅から1.5キロほどで東西を走る「桜通り」。その先で谷保駅に突き当たりますので、交通量も多くないので桜見物には良い場所なのですね。

交差する「桜通り」も1.5キロほどで両端が行き止まりの広い道で、両側は桜並木です。ここも交通量は多くありません。

写真の新府中街道は、甲州街道(国道20号線)の混雑緩和のために作られた「東八道路」(東京八王子道路)。高井戸インター→久我山→八王子を結ぶバイパスのような役目を果たす道路計画です。

でも、用地買収が進まず私の自宅から200mほどのところで止まっており、この新府中街道で暫定的に甲州街道から中央高速「国立府中インター」にむかえるように作られた道です。

結局、東八道路の計画はここから南に向かい日野に抜ける道と計画変更のようです。

2022年の開通予定のようでして、用地買収もほぼ済んでいるようです。

これが通ったら、交通量は増えると思います。

そうなると我が家は「東八道路」「新府中街道」「甲州街道」の1辺1.5キロほどの3つの幹線道路に挟まれた三角形エリアに入ることになってしまいます。

これが良いことなのか悪いことなのか・・・・・・・・。