読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコレート作り

妹がチョコレート作ろう!と言い出すので

しゃーねぇ付き合うか、と思ったら

持ってきたのはカカオ豆。

焙煎からのスタートでした。

初めはまぁ、あんまりそんな機会もないし、と

気楽に始めたんですが。

カカオ豆を発酵して干した状態から

洗うのに一苦労、焙煎に一苦労。

そして、匂いが強烈。

豆が発酵した独特の匂いで

クラクラするレベル。

私的な感覚では

干しバナナ+納豆+赤味噌鮒寿司

妹的には、洗わずに置かれたままのビールの空き缶。

なんしか、発酵臭と腐敗臭の間のような独特の臭い。

炒っているのでむせかえるようで。

で、そこからすり鉢で悶絶。

油分が多いので擂り粉木が重いのなんの。

交代しながら擂る事5時間。

練っていく内にチョコレートのイイ香りになっていき

型に入れて固めると、驚きのツヤツヤの仕上がりに。

久々に、単純に感動しました。

量も少ないからとフードプロセッサー

使わなかった事に激しく後悔はしましたけど

純度100%のカカオに少しの砂糖と150%の労力で

練り上げた板チョコはとっても香りが高くて

疲れも吹き飛ぶようでした。

これを材料に生チョコを作る予定♪

しかし、もう二度とごめんです(笑

これからはチョコレートを食べるのに

心からの感謝を込めて食べますよ。

24時間いつでも美味しいチョコレートを

買おうと思えば買えるってホントすごい事だったのね。

知識と体験は天と地ほど違うって事を

改めて痛感しました。

やってみなくちゃ知ることができない事って

やっぱりたくさんあるのね〜。