読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生々しい

調べ物:嫉妬と羨望

「嫉妬(jealousy)と羨望(envy)は一般的には同じような意味を持つ言葉として用いられているが、心理学的には異なる2つの感情である。羨望は、自分以外の誰かが望ましいよいものをわがものとしていて、それを楽しんでいることに対する怒りの感情であり、二者関係に基づいている。対して嫉妬は、三者関係で自分が愛する対象が別の存在に心を寄せることを怖れ、その存在をねたみ憎む感情である」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A8%E6%9C%9B#.E5.AB.89.E5.A6.AC.E3.81.A8.E3.81.AE.E6.AF.94.E8.BC.83

嫉妬の概要には「何かを失うこと、または個人がとても価値をおくもの(特に人間関係の領域)を失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安」とありますが、上の定義とはズレがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%89%E5%A6%AC

         *    *    *

異なる感情とされていますが、重なる部分も大きいし、地続きの感情なのだと思う。そもそも言葉の定義があってから感情があるのではなくて、感情のそれぞれの面を表す言葉が後から作られているわけなので。

愛するものを喪失することに対する感情が嫉妬で、愛するものから排斥されることに対する感情が羨望、と僕は理解します。

「喪失」にも大小がありそうだ。100%の独占あるいは支配から99%になるのは独占権の喪失。50%以下になる場合は優先権の喪失。0%になると愛する対象そのものの喪失。

         *    *    *

羨望の場合の「望ましいよいもの」は愛する対象の心とは限らず、財貨や才能も含む。イケメンは市ねばいいと思うよ、とかw

「怒りの感情」ですからそこには自分以外の誰かが「理由なく、あるいは不当に」わがものとしている、と感じる場合。「理由なく、あるいは不当に」がもし本当ならば、こちらの権利の侵害ですから「おい、返せ」と言えばよいわけなので、感じているだけで客観的には不当ではない場合に羨望が生じるのかな。

理由なく、っていうのはまあ単なる幸運で、くらいの意味。

         *    *    *

ウィキ以外にもいろんな定義があって、嫉妬を否定的、羨望を肯定的に扱うことが多いようですが、七つの大罪のひとつである羨望(Envy)を肯定的ってのはさすがにちょっと違うんじゃないかな。

         *    *    *

フランス語のEnvie、英語のEnvyに対応する日本語が羨望で、カトリック七つの大罪のひとつ。フランス語ウィキの七つの大罪(Pchs capitaux)のEnvieの項にはJalousie(嫉妬)とは異なる、とわざわざ注記されていますが、日本語ウィキには「ねたみ(嫉妬)」あるいは「嫉妬(羨望)」と記載されてます。どうなんだこれ。

ロベール仏和でEnvieは、?欲求、欲望 ?生理的欲求 ?羨望となっていて、?の意味の例にEnvie de savoir:知識欲が挙げられているように必ずしも否定的な語ではない。J’ai envie de toiと言えばあなたが欲しい、抱きたいの意味で普通に使う表現。ただ語源はラテン語のinvidia:横目で見るなので元々は羨望の方が主だったのじゃないかと。

英語のEnvy:WebsterによるEnvyの定義:painful or resentful awareness of an advantage enjoyed by another joined with a desire to possess the same advantage

英語ウィキの七つの大罪には羨望(Envy)の例としてカインとアベルが引用されていて、思いっきり否定的な扱い。

一方Gucciの定番香水にENVYってのがあって(僕もたまに使う)、英語でも肯定的な使い方もするのかな。まあ香水の名前はあえて否定的な言葉持ってきたりしますが。

そおいえば七つの大罪のひとつ傲慢の英語がPrideで驚いたことがあります。日本語のプライドは英語ではDignityに近いんだと思ってます。フランス語の七つの大罪では傲慢はOrgueil。

         *    *    *

恋愛に関して言えば、嫉妬の原因である「愛する対象」が羨望の原因である「望ましいよいもの」でもあるので、嫉妬・羨望の両面あるのは当然ですね。望ましいよいもの、は愛する人の心と体なわけで、「自分以外の誰かがそれを楽しんでいる」の文言は生々しい。

         *    *    *

僕はあまり嫉妬しないタイプのようです。誰かの心を独占できるなんてそもそもアリエナいし、僕に独占権、優先権があるとも思えない。おそらくは僕が年子の下で、幼少期に何かを独占できた経験が皆無だからだと思う。

Pchs capitaux@wiki.fr

https://fr.wikipedia.org/wiki/P%C3%A9ch%C3%A9_capital#P.C3.A9ch.C3.A9s_capitaux

Seven deadly sinswiki.org

https://en.wikipedia.org/wiki/Seven_deadly_sins

七つの大罪wiki.jp

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA