読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野菜少なめ

昨日仕事終えたのが晩の1:15過ぎだったかな。今日仕事から週末までまた休みのため、いろんな辻褄合わせをすると、どうしても遅くなってしまう。

なによりミーティングがクソ長い訳だが、本日はまた、15:15 - 22:15 一度21:30で終えたんだが、あとで「いやー、まだ決まってないんですよね」みたいなことを言い出したから、内心「おいっ!!」って思いながらも、管理職という立場上無視する訳にも言わず、付き合わされた。

15:15 - 16:15回詰めた話を16:15から追加参加者が複数人登場し、「1から再度説明し終えて」16:15の認識に擦り合せ直すのに18:00。

漫画や小説のかいつまんだあらすじならともかくもはやつまんない2時間ドラマの再放送を見させられるレベルの放送事故につきあわされるこっちの身になってほしい。

ようやく議論を再開したのが18:00 - 21:30 もう憔悴しきってる所で解散だったのだが、そこで先ほどのヤツを食らわされる。

なのだが、ここ最近は会議を聞かずに仕事するという風に割り切ることにしたので、うんざりもしなくはなった。だって、まともに聴いてないので。

ただ、自席にいれないので、ターゲット触れないからプログラムが検証できないことと、

会議という雑音がうるさいので、考える仕事が遅れる。会議中に仕事をしても脳は三歳児レベルらしいので注意が必要。

英文メールや仕様検討、資料作成など複雑なものはやっぱり集中して熟考したいから(当たり前だよね。)そういうのは全く出来なくもないけどやっぱり難しいかな。

時間の拘束が長く他人に状況を確認や相談事ができないことで、融通が効かないのも結構厄介

だったりする。

ミーティング中にやれる仕事はミーティング中に回すと優先度を組み替えたので(2年以上会議は会議と思って真面目にやってきたけど、聴かないが正解だった。)大分仕事状況は変わった。

まあ、とはいえ、他人の会議をどうこう行っていて、空き時間に自分が会議を設定して他人の時間を拘束するという愚行は犯したくないなあと常々思うので、そこが一番の注意だなあ。

Final Fantasyを最初に作った時、これが最後のゲーム作品と思って名付けたという話は知ってる人からすればあまりに有名な話だけれど、実際の所、坂口博信は最後のゲームってどんな思いで作ったんだろうと思う。きっと多くのことが赦せたんじゃないのかなとなんかそんな風に思うんだよね。なんかそんな気がする。

地元についたのが朝2:00で、空いてるお店もいつものお店しかなくて、寒さもあって結局ラーメンにしたんだけど、大勝軒潰れて、スタミナ丼と油そばというかなりガッツリとしたメニューのラーメン屋に行ったんだけど、自分としては不味くはないんだけど、野菜がうんざりするほどあり、味が濃いお店なので、日中であれば絶対に選ばないのだけど、野菜の量が選べる。普通、増し、増し増しみたいな感じで、試しに勇気を出して「野菜少なめって出来ますか?」と聞いてみたら、言ってみるもので少なめにしてくれた。量も丁度良くなって、比較的美味しく頂けた。

自分じゃないけど、こんな時間にも人がちょくちょく入ってくる。

世の中ずっと回ってるなあと思った。