読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BS再放送ごちそうさんにまたハマる

本放送の朝ドラ、べっぴんさんより、BS再放送枠のごちそうさんを、本放送でもみていたくせに、再度ハマっております。

ごちそうさん」で放映された、命運ぶ大阪市営地下鉄。 - Osaka-Subway.com

http://osaka-subway.com/nhkm/

こちらが、今週放送された、防空壕のかわりに地下鉄に入り、電車で戦火を移動し逃げるシーンの裏側の情報。

ごちそうさんは、伏線回収が素晴らしいドラマでした。

東大卒の理屈っぽい旦那さん、悠太郎さんの妻、め以子は、食い意地だけでできたようなノッポな女性。勉強なんて大嫌いだったのに、調理における化学の力を教わると、とたんに、大嫌いな化学にも興味が持て、、、

そんな話から始まり、嫁姑ならぬ、嫁、小姑の描写。関東から大阪に嫁に行き、文化の違いにも食文化の違いにも悩みながら、子育て、嫁姑、嫁、小姑の関係を切り開いていき、ついには行方知らずの舅さんすら、家族へのつながりを取り戻してしまう。

今の放送では、アタマが良すぎて育てにくい問題児だった娘が結婚し、出産を経て、今度は戦火に見舞われ、決別した小姑のところで農業の世話をし、命をまた知る描写まできています。

戦火に見舞われ地下鉄に入って移動したシーンの撮影の描写の丁寧さは、よくここまで頑張ったなーとしか言いようがない。

つり革が揺れ、悠太郎が設計した地下鉄に、電車が入ってくるシーン。

そのシーンの舞台の裏側をまとめたリンクをみつけて、より、ごちそうさん!!てなっています。

比べて、べっぴんさんでは伏線回収がないものだらけで投げっぱなし。キアリスの元ネタのファミリアの服の丁寧さを知りたかったのに、派生した関係ないストーリーにツッコミばかり入れていなきゃいけなくて、コミュニティに参加し補完し合わないと理解できない始末。

私結構、ドラマを観て読み解く力だけは強いはずなのに?カルテットも真田丸も、直虎も楽しんでるけど、べっぴんさんで気力消耗中。

NHKのドラマ枠に多分期待と信頼がありすぎて、こうなってるんだなー。

コミュニティで空気を読む力を学習中。

いろんな人がいて、みんな違ってみんないい。

あとひと月、どのドラマも楽しむぞー。

あ、あと、Eテレの、ねほりんぱほりん、もね!!下衆で優しくて視点が新しくて、切り込みがすごいですね。NHKが、好きです(笑)←スポンサーがない部分も、好きなのかも。