読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ:「東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス」

論説委員をクビにはできなかったらしい。

で、長谷川のおっさんが暴れたときの現代ビジネスの記事をメモ

毎日新聞与良正男の「社畜宣言コラム」と併せて読むと、3倍楽しめます。

「熱血!与良政談:「論説副主幹」という立場=与良正男 - 毎日新聞

東京新聞中日新聞東京本社)の長谷川幸洋・論説副主幹が司会を務める東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYOMX)の番組「ニュース女子」について、最近、よく意見を求められる。

 私も毎日新聞の社説を担当する一人(以前は論説副委員長をしていた)であり、同時にテレビの報道・情報番組にも出ている。つまり長谷川氏と似た立場にあるからだろう。

 まず指摘しておく。問題の本質は沖縄の米軍基地反対運動を批判的に扱った1月2日放送の「ニュース女子」は、明らかに虚偽の内容が含まれ、特定の人々への偏見を助長した点にある。司会者の責任も重い。

 その後、東京新聞は長谷川氏が出演していたことに関して「本紙の報道姿勢、社説の主張と異なる」と記したうえで、「責任と反省を深く感じている」とする謝罪記事を掲載した。だが、対する長谷川氏がラジオやネットで「言論の自由の侵害だ」等々と反論し始めたことから、話が本質から外れてきてしまっている。

同じ新聞社でも個々の記者の考えが違うのは当然だ。毎日新聞にも社説と違う記者の主張が掲載されることはある。無論、それも社説も事実に反すれば訂正するのが前提だ。

 ただし社説は通常、複数の論説委員が日々、合議したうえで論を形成し、掲載するものだ。論説委員間にも意見の相違はある。それをとことん議論して結論を出す。少なくとも毎日新聞はそうしている。

 そこで私の話を。私はテレビで毎日社説と正反対のコメントをしたことがない。

論説委員の肩書で出ているのだから無責任はいけないと思うだけではない。

実際、無理に社説に合わせた経験もないのだ。

私の考えを極力社説に反映させたいとも思うし、議論の結果、私の見方が正しくないと知ることも多々あるからだ。

そして、どうしても納得できない正反対な社説が掲載される事態になったら、論説委員を辞するくらいの覚悟はある。

 かねて「東京新聞の割には右寄り」と言われてきた長谷川氏だから自分の主張や見方に確信を持っているのだろう。

ならば、これまで東京新聞の社説を形成する際、論説副主幹としてどんな役割を果たしてきたのだろうか。

言論の自由を語る前に、そこが私には理解できないし、知りたいところだ。(専門編集委員

http://mainichi.jp/articles/20170215/dde/012/070/011000c

東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと(長谷川 幸洋) | 現代ビジネス」

(略)意見が新聞と異なるのを理由に私を処分するのは、言論の自由に反する。こんなことを許すわけにはいかない。

ネット上では、私の処分内容について「論説副主幹から論説委員に降格される」などと真偽取り混ぜてとりざたされている。これは東京新聞社内から情報が漏れたとしか思えない。発令前に情報が漏れているのは、はなはだ心外だ。

私は今回の処分について、反省文が東京新聞に掲載される前日1日の夜に初めて聞いた。電話での通告だったが、反省文のゲラをFAXで受け取り「対処する」とあるのを知った。

これはまったく意外だった。

というのは、実は反省文が掲載される3日前の1月30日朝、深田主幹から会社に呼び出され人事異動の内示を受けていた。中身については発令前なので、あきらかにしないが「処分」という趣旨ではなかった点をまず、はっきりさせておきたい。

私はそれを快く受け入れた。なぜかといえば、私はとっくに定年退職した身であり、かつ副主幹在任7年目になっていたからだ。嘱託にすぎない私が長期にわたって副主幹を務めていること自体が異例だった。だいたい私は管理職にふさわしくない、と自覚している(笑)。

その話が終わった後、雑談で私が「ニュース女子問題について会社はどうするのか」と切り出すと、主幹は「いずれ自分か他のだれかが何か書くことになると思う」と答えた。

「どういう内容を書くのか」と聞くと「東京新聞ニュース女子と関係ない。それくらいだろう」という。その通りなので、私も異論なく受け入れて会合は終わった。

ところが、2日後に事態が一変する。私は通常の人事異動と思っていたのに、突如として「処分」に変わってしまったのだ。私は1日夜、ゲラを見た段階で「先日の話と違うじゃないか。処分であれば受け入れられない」と主幹に訴えた。

主幹は処分かどうかという点について「そこは大人の対応で…」とか「あうんの呼吸で…」などと、あいまいに言葉を濁していた。翌日以降、ネット上で処分話が飛び交う展開になって、あらためて私が問い詰めると「副主幹という立場で出演したのが問題だ」と「処分」の意味合いが含まれていることを認めた。

いったいなぜ、わずか2日の間に通常の人事異動が処分に変わったのか。この点について私は主幹に再三、尋ねたが、明確な返事は得られなかった。反省文の内容が私に説明した1月30日時点の当初案と2月2日の発表バージョンで変わってしまった点は主幹も認めている。

それはなぜか。私は気になっている点がある。

それはネットメディアであるIWJが2月3日付けで「IWJが深田実論説主幹に直撃!」と題して公開した記事だ(http://iwj.co.jp/wj/open/archives/360990)。その中で、深田主幹は「沖縄の新聞からも電話がきているが、今、話した内容で了解してもらっている。そういうことでお願いします」とIWJに語っている。

この「沖縄の新聞」が何か不明だが、東京新聞琉球新報と提携関係にある。琉球新報は名物欄である「こちら特報部」を含めて東京新聞の記事を掲載している。一方、東京新聞琉球新報の社説をそのまま掲載したこともある。沖縄問題について両紙は立場を共有している、と言っていい。

沖縄に支局がない東京新聞にとって琉球新報は沖縄のニュースを伝える大切な情報源であり、記事の提供元である。

もしも「沖縄の新聞に了解してもらっている」というコメントが事実なら、反省文はその新聞の了解を得たうえで掲載した可能性がある。

つまり何を言いたいか。

通常の人事異動が処分に変わったのは、沖縄の新聞の意見を聞いた、あるいは忖度したからではないか。そうだとしたら、大変な事態だ。東京新聞は沖縄の新聞の意向に配慮して私を処分に追い込んだ形になってしまう。

ずばり言おう。東京新聞は経営上の理由で沖縄の新聞に寄り添い、私の言論の自由を侵害するのか。念のために言うが、これは私の推測である。

この点について、私は8日、深田主幹に電話で事情を聞いた。すると、主幹は「沖縄の新聞から了解を得たなどという話はまったくない」と完全否定した。私が「では、IWJの記事が間違っているのか」と問うと「間違ってるね。おれはそんな話はしていない」と語気を強めて明言した。

主幹の話が本当なら、IWJの報道が間違っている。逆にIWJが正しいなら、主幹は嘘をついている形になる。あるいは、何か別の間違いが生じたのか。私の推測は的外れかもしれない。そうであれば、私の人事の意味合いが急に変わった理由は何だったのか。

いずれにせよ、私にきちんと説明しないまま、主幹が私に不名誉な「処分」を世間に公表したのは事実である。主幹は電話の切り際にあらためて「今度の話は定例の人事異動だからね」と念を押すように告げた。また態度を変えるのか。数日前には「副主幹という立場が問題」と私に明言していたのだ。

こうなると、先に書いたように東京新聞に不名誉な推測であっても、私としては処分される理由を自分で考えて、読者に問うほかない。主幹があくまで「定例の人事異動」と言うなら、それで構わないが、それなら「対処する」という言葉の意味は何だったのか、私と読者に説明する必要がある。

念のために言えば、以上の経過はすべて主幹との音声対話記録に基づいている。

読者には「東京新聞長谷川幸洋を処分しました」というポーズをとりつつ、私には「通常の人事異動」ということで納得させようとする。そういう態度は「事なかれ主義」にほかならない。新聞が事なかれ主義に陥ってしまえば、言論の自由を危うくする。

左派リベラルの立場を懸命に守りつつ、私とは正面から戦いたくない。ある親しい読者は私に「東京新聞の馬脚が現れた」と語った。その通りと思う。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50947

東京新聞・長谷川氏、副主幹外れる MX番組で司会

(朝日新聞デジタル - 02月25日 05:14)

中日新聞社は24日、沖縄の米軍基地反対運動を一方的な立場で伝えたとして批判が上がっている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の「ニュース女子」で司会を務める東京本社(東京新聞)論説副主幹の長谷川幸洋氏が、同本社論説委員となる人事(3月1日付)を発表した。